わずか一滴の水漏れでも大きなトラブルに至る原因と正しい対処の方法

水漏れトラブルは建材の腐食による居住性の著しい低下を招く他、建物の耐久性が損なわれる問題があります。配管の破損から生じる水漏れは少量でも建材の腐食を引き起こすので、異常が発覚した際はすぐに対処することが大切です。

水漏れが起こる原因を把握し、不具合に対する適切な対処法を学んで居住性の維持に努めましょう。

水漏れがもたらすトラブルの詳細

水漏れは配管設備の破損などによって給排水が漏れ、周囲を水浸しにする状態を指します。水は目に見えないほどの微小なすき間からでも漏れ出るので、外観では判別出来ないわずかな破損部分からでも水漏れが生じることがあります。

そのため、発覚が遅れやすいのが大きな問題です。水漏れは周囲を濡らすだけではなく建材の腐食を引き起こすのがトラブルの詳細です。水濡れによって腐食した建材はカビの発生源になるので室内にカビの胞子が蔓延し、悪臭や呼吸器系の疾患に見舞われることがあります。

また、建材の腐食は建物の耐久性の低下に繋がるので特に注意が必要です。アパートなどの集合住宅では一つの世帯で起きた水濡れが建物全体の大きな劣化を招くこともあります。水漏れによって配線設備が漏電を引き起こして感電や火災に至るケースもあることから、水回りの設備は常に状態を確認するのが毎日の暮らしを安全に営むための心得です。

水漏れが起きるメカニズムと水量の関係

配管の破損から起こる水漏れは水回りの設備の使い方が大きく関係します。水回りの配管設備は給排水の許容量を超えた使用を続けることで劣化が進み、遂には変形や亀裂などの不具合に見舞われてしまいます。特にキッチンの排水管はゆで汁や使用済みの食用油など高温の液体が流されることから、急激な温度変化による配管の劣化が進みやすい傾向があります。

また、排水管は水以外の液体が流されると触れた部分から腐食が進み、亀裂が生じるリスクが大きく上昇します。食用油の他、刺激性の高い薬品や石油燃料などは排水管を著しく劣化させることから絶対に流してはいけません。

残飯などの食品類も腐敗によって生じた熱やガスが配管を傷めるので出来るだけ流さないように努めます。排水管は異物以外に過度に多い水量でも傷んでしまうことから、許容量に留めて流すのがトラブル防止の条件です。キッチン以外にトイレや洗面台など水を流す機会が多い所では普通に使っているつもりで許容量を超える水量になっていることがあります。

過度な排水は自覚せずに行うのが殆どなので、配管の劣化を引き起こさないように日頃から水回りの設備を使う際は十分に注意します。

配管の破損による水漏れの見分け方

配管が破損したことで生じる水漏れは周囲を水浸しにするので異常を判断出来ますが、わずかなすき間から少量ずつ水漏れが生じている場合は配管の表面を濡らすのに留まっていることが多いので見た目だけはわかりません。

配管の構造によっては気温の変化で空気中の水分が配管に付着して水滴を作ることもあります。

そのため、水漏れの有無を見分けるためには配管に付着している水滴の状態をよく観察することが大切です。水漏れで出来た水滴は配管の破損部分を伝って漏れ出ているので、配管内の汚れが混在しているのが普通です。

変色や悪臭など、空気中の水分が付着して生じた水滴とは特徴が大きく異なるので、一滴でも汚れた水滴が確認出来た場合は水漏れを疑う必要があります。また、水漏れで生じた水滴は配管内を流れる水量が多くなると頻繁に滴り落ちるのも特徴の一つです。

そのため、排水管の表面が濡れている場合は大量の水を流して状態を観察するのが水漏れの有無を判断する方法になります。関連情報...プロが教える水道水漏れの修理や予防方法|住まいる水道グループ

また、配管の表面を拭き取ってからすぐに濡れるのも水漏れを疑うポイントの一つです。

一滴の水漏れが居住性の大きな低下に繋がる理由

水漏れは目に見えないほどの小さな亀裂からでも発生します。漏れ出る水量はわずかですが、一滴でも水漏れが生じたらそこから建材の腐食が進み、居住性が大きく低下する事態に至ってしまうのが大きな問題です。配管の傷みで生じた水漏れは修理を行わないといつまでも不具合の進行が続く永続性がトラブルの根源になっています。

キッチンやトイレ、浴室などの水回り設備はほぼ毎日、給排水が行われています。水が絶え間なく流れる配管ではわずか一滴ほどの水漏れでもその被害が延々と続くので、放置すると建材の腐食をはじめとする様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

水漏れ被害は噴水のように吹き出る目立つトラブルは少なく、一滴ほどの水滴が絶え間なく漏れ続けるケースが多数です。派手な現象が無いことから気づきにくく、知らないうちに被害が深刻化するのが水漏れの恐ろしい点です。

そのため、わずか一滴程度の水漏れであっても決して放置はせず、すぐに配管の修理を行うのが居住性を損なわないための心得になります。

水漏れ修理の業者を選ぶ際の注意点

水漏れ修理は破損した配管の交換や連結部分の歪みの矯正など、不具合の状態によって最適な方法が異なります。また、同じ修理作業でも業者によって費用が異なるので依頼する際は事前の確認が不可欠です。特に水滴が少量出る程度の水漏れは破損部分が分かりにくい他、修理する範囲が小規模に留まることがあるので業者によっては手間がかかる割に利益にならないと拒否されることがあります。

しかし、水漏れは配管の破損の規模に関係無く居住性の著しい低下をもたらすことから、どのような修理内容であっても快諾する優良な業者を選ぶことが大切です。水漏れ修理の業者を選ぶ際は複数の業者を比較して費用や評判の良し悪しを判断するのが無難な方法ですが、配管の破損状況によっては急いで修理をお願いする必要があります。

夜間や休日のような特殊な状況での水漏れ修理を引き受ける業者が近隣にいない場合、自分で応急処置を行うことになるので予め市販の修理グッズを用意しておくのも不測の事態に対応するための心得です。水漏れなど、水回りのトラブルはいつ起きてもおかしくありません。

特に水滴が一滴ずつ落ちる程度の小規模な水漏れは発覚が遅れやすいことから、暮らしの中で給排水の配管設備をこまめにチェックする習慣を持つように心がけます。万が一のトラブルに見舞われた場合に迅速な対処が出来るよう、優良で信頼出来る修理業者を調べておくのが快適な居住性を維持するための条件です。