水漏れが一戸建てで発生したときのスムーズな対応方法

水漏れは水道水がもったいないだけでなく、水道料金もかさみますからすぐに対応することが欠かせません。水回りのトラブルは突然起きることも多く焦ってしまいますが、場所ごとに適した対応の仕方を知っておけばスムーズに問題を解決させることが可能です。

具体的に水漏れに対して、どんな対応をすれば解決させることができるのでしょうか。

蛇口からの水漏れに備えてパッキンを準備し修理の仕方を覚えるとお得

一戸建てで水漏れが発生しやすいのは蛇口で、その多くは中に入っているゴム製のパッキンが劣化し水の流れを止めることができなくなって起きます。

昔作られた蛇口であれば本体がさび付いて穴が開いたり折れたりして漏れることがありましたが、近年の蛇口は本体が悪くなるまで何十年もかかりますから、本体の故障で水漏れが起きるのは稀なケースです。

ゴムパッキンの交換を業者に頼むと3,000円以上掛かることが一般的ですが、自分で作業を行えばゴムパッキン代の数百円しか掛からないので、修理の仕方を覚えて自分で直したほうが出費を抑えられます。ゴムパッキンの交換を行う際には止水栓で水を止めて蛇口を開き中の水を全部出したら、蛇口のハンドル部分のナットを緩めて取り外し、中に入っているコマを取り出します。

コマに取り付けられている古いゴムパッキンを取り外して新しいものをはめ込み、もとに戻せば修理は完了です。あとは止水栓を開いて通水し、水漏れが止まっているのを確認しましょう。

トイレからの水漏れは業者に依頼したほうが早期に問題解決

トイレで水が漏れるのはタンクに水を運ぶ給水管のパッキンが劣化した場合や、タンクの中に入っているボールタップが劣化した場合などいろんな理由があり、いずれも素人が交換するのは難しく技術が必要になります。便器内に水が流れ出て止まらないような場合は原因がボールタップだけでなく、便器そのものが故障している可能性があるのでプロの目で原因を見極めてもらう必要性があります。

便器の多くは水に強くて色々と形成がしやすいことなどを理由に陶器で作られていますが、衝撃や重みに気温の急激な変化などでひびが入ることも多いので水漏れの原因になることも少なくありません。トイレの便器に温水洗浄便座などを取り付けていれば、その配管からもお湯が水漏れすることがあるため火傷しないよう注意しなければなりません。

温水洗浄便座は操作パネルの基盤を濡らしてしまうと故障につながることがあるため、自分で分解して直そうとせずにプロに頼むのが適切です。

浴槽からの水漏れはパテでふさぐことが可能

浴槽は底の部分に穴が開いて漏れることが多く、対応の仕方としては浴槽を新しく新調しなくてもパテで塞ぐことで直せます。浴室用やひび割れ用として売られているパテを使用するとしっかりと固まり水に強く、素人でも簡単に補修できます。

凹凸が残らないように丁寧にパテを塗ることがコツですが、平らに塗ることができなかった場合にはあとから目の細かなサンドペーパーで削って整えるとよいでしょう。浴槽の底からではなく給湯器につながる配管から漏れている場合には、プロに依頼して配管の劣化があれば交換を、ずれて脱落しているのであればもとに戻してもらうように依頼します。

給湯器はガスの配管や電気の配線などもあるため、自分で開けてみたり配管を取り外したりするべきではありません。

瞬間湯沸かし器の水漏れは要注意メーカーや販売店に連絡を

キッチンに瞬間湯沸かし器を設置しお湯を使えるようにしているご家庭では、本体から水漏れが起きたとき放置することなくすぐに修理を依頼することが大事です。経年劣化により破損したのであれば、内部の機器やガス配管なども全体的に劣化が発生していることが考えられるためです。

瞬間湯沸かし器のガス漏れによる事故や火災はとても多くなっていて、内部の劣化に気付かず使ってしまうことが原因です。吐水口からの水漏れはゆるみやゴムパッキンの劣化が多く、たいしたことがないと放置してしまう人が多いですが、使っていてガス臭く感じることも症状としてあるならすぐに修理してもらったほうが安心です。

瞬間湯沸かし器は寿命が延びていますが、10年経過したものは交換を検討したほうがよいでしょう。

冬は凍結破損による水漏れが起こりやすいので予防を行うことがベスト

冬は水道が凍りやすい季節ですが水が出なくなるだけでなく、凍結破損して水漏れすることが多くなるため注意が必要です。埋設されているものや家の壁の中にある配管は保温性が高くめったに凍結することはありませんが、屋外で配管が露出している部分や屋内の壁から出ている給水管に蛇口、瞬間湯沸かし器などは凍結しやすい部分です。

対策としては凍らないように予防することが一番で、水抜きを行って配管内に水を残さないようにするとよく、露出配管には保温材を巻いたり専用のヒーターを取り付けたりして凍らないようにしましょう。蛇口や配管などが万が一凍結してしまった時には室温を上昇させれば次第に解け出しますし、屋外であればぬるま湯をかけるなどして温めるとよいです。

急激に温度が変化すると割れてしまうので、熱湯を使用することは避けましょう。

どこで水漏れしているかわからない場合は指定給水装置工事事業者に依頼する

見た目では水漏れしている箇所が見当たらないのに水道メーターの検針で水漏れを指摘された場合、地中埋設管や壁内、あるいは床下や天井裏などにある配管から漏れている可能性が考えられます。破損個所を確認しないと修理を行うことができませんが、漏水の調査を依頼するなら一戸建てがある場所を管轄する水道事業所から、指定給水装置工事事業者として認められている業者に依頼しましょう。

破損が大きいと工事を行わなければならず、水道事業所に着工の届け出が必要になります。指定給水装置工事事業者になっていなければ、書類の提出や施工が行えません。施工資格がない業者に依頼するとやり直しや点検が必要になるなど面倒で、時間がとられてしまいます。

地中埋設管で水漏れが発生していたことに気が付かずにいて、水道料金が高額になった場合一部減額してもらえる制度があります。水道料金の減額申請を行う際にも、指定給水装置工事事業者に修理の内容等を記載してもらい書類を提出する必要性があるため、資格がないところに修理を頼むと減額申請を行えなくなります。

水道メーターより外側の水漏れは水道事業所が修理代を支払います

水道メーターより宅地側の水漏れに関しては、世帯主など水道の契約を行っているものに修理費用を払う義務があります。しかし水道メーターよりも外側の配管であれば、敷地内であっても水道事業所が管轄になりますから、水漏れが発生した時の修理代は水道事業所が払うことになります。

水道メーターよりも外側で漏れていることを見つけたら、修理業者に依頼するのではなく水道事業所に連絡を行いましょう。